なわまつ旅ログ

日々の生活の記録や感じた事など

ウブドで地元の人にほっこりした話。

こんばんは、なわまつです。

前回の記事で散々文句を言っていた例の僻地のホステルにも気付けば4日ほど滞在し、いよいよ今日はウブドの中心部に移動しました。

 

 

ウブドって、一口に言っても場所によってぜーんぜん違うんだなって言うのが今の率直な感想です(当たり前か)

 

 

 

昔っからの悪い癖?で、なんか、土地勘無い場所は全部歩いていける距離にあるような気がしてしまうんです。

 

 

日本だとしても、ある程度でかい都市だったら電車とかバスとか使うの当たり前じゃ無いですか?

なんか、その感覚が欠落してるんですよね。

本当に馬鹿にしてるわけとかじゃ決して無いんですけど。

 

 

え?乗り換え?てか、電車とか乗るの?みたいな。

日本だったら大阪や福岡あたりを旅行した時に、海外だとシドニー、バンコク、クアラルンプールあたりでそんなことを考えてました。

悪気は無いんです、だから許してください?笑

 

 

 

まぁそんな話はさておき、中心部に来て思うことは本当にただの観光地だなーと。

良いんです、それはそれで。

 

 

 

でも、ダラダラ2ヶ月も東南アジア旅してたら今更なにか土産買うわけでも無いし、コーヒー一杯で前のホステルの前の食堂のナシゴレンが2個食えるなー物価たけー、とかそんなことばっかり考えてて笑

 

 

そんなこと考えてたら、今朝まで泊まってたホステルの辺りは良かったなーなんて突然思ったりして。

実際すること無いんですけどね、バイクとか無ければ尚更。歩いていける距離には棚田しかないです。有名な棚田は歩いていけません。

 

 

でも、ホステルの向かいのローカルな食堂の家族がすごい良い感じで、価格も安いし滞在中毎日通ってました。

 

今日いよいよ出るよって言ったら、おばちゃん寂しそうな顔してたし(気のせいで無いと信じてる)今まで素っ気なかった小ちゃい娘も絡んでくれるし、

 

 

なんか居心地良かったなぁ〜なんて、その時になって初めて思ったわけです。

 

f:id:nawamatsu:20170115224459j:image

料理してるおばちゃん。

 

 

ちょっとだけいつものナシゴレンよりも豪華で、食べ終わった後はおばちゃん握手してきてくれたりして。

僕は単純なので、そういうことされると結構くるんですよ。良い人だな〜って笑

 

 

 

そしてそんな気持ちを噛み締めながら5キロの道をせっせと歩いてたら、今度はバイクで通りかかった青年が街まで乗っけてくれて。

 

 

 

 

ウブドの住人たちはがっちりと僕の心を掴んでいきました笑

 

 

 

 

みんながみんな善人では無いし、タイミングとかそういうのももちろんあるけど、ダラダラしてて良かったな〜って思いました。笑

日程に余裕が無い旅行だったら、それこそ分刻みのスケジュールみたいに動かないとダメじゃ無いですか。

 

 

今日はあそこ行ってからこっち来て、夜は別のとこ行って翌朝早朝は別の街へ!

みたいな?

 

 

それももちろんありだし良いけど、せっかく予定をなーんも立てないで来てるので、そういうダラっとした中で気付ける良さ?というか、逆に相当贅沢な旅をしてるんだなぁなんて思った次第です。

 

 

 

 バシッとまとまらないけど、何が言いたいかと言うと、今日は良いことが2つありましたってお話です!

 

 

以上!雑

 

 

読み返してみてもなんかイマイチよく分からない…笑

気になることあったら連絡下さい。

無いと思うけど…?

 

お待ちしてまーす!